10年後のために続けていけること

シェアする

ヨメレバCSS

 就活してるとよくある質問に、「○年後にどうなっていたいですか、そのために今していることはありますか」があると思います。

 私自身はあまり先のことを考えない性質で(それはそれでどうなのか)結構困りはするのですが、「○年後のために続けていること」として解釈したときに、割とすんなり「ブログを書いてます」ってのが出てきて自分でも驚きました。

 そのとき想像してたのは、技術記事を纏めたこちらのブログでした。仕事の話ですし。アウトプットとして未熟だったりいろいろ纏めて書いていきたいとストックしていることがまだあるのに消化できてなかったりしますが、自分のやってきた記録を目に見えて残していくことで、どっちを目指して書いていこうか (逆説的に、目指す方向に記事を書いていくか)が分かる指針になるのではと思っています。

 こういうのはひとつづつ積んでいくしかないやつだから、少しづつ記事を入れていくブログなどと相性がいいのかもしれません。

 ブログサービスに書いていっても良いですけど、Qiitaみたいなサービスに書いていってもいいかもですね。割とストックされると嬉しかったりします。

 でも本当ならこの有休消化期間に書き残しておきたいこといっぱいあったのですが、結局ほぼ書けてないみたいなことになっているのは反省点です。やはり実地でやっているときが自分の中で一番ホットなので、そこから離れてしまうとモチベーション的にも鈍ってしまうところがあります…

 しかし1年、3年、5年、10年と続けていくことを目標にぼちぼちやっていきたいと思っています。今から10年だと…アラフォーの次のステージですね…どうなってんだろうな…

スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル (大)