Windows10でUSBキーボードが使えなくなったときの対処法

シェアする

ヨメレバCSS

 Windows10のノートでUSBキーボードを使用しています。それが抜いて差したら使えなくなってしまいました。なんでや。そのときの対処法です。

スポンサーリンク
GoogleAdSence レクタングル(大)

Shift+シャットダウンで「完全なシャットダウン」を実行する

 状態としては、USBキーボードを差すとドライバは認識するんだが実際入力できない。別のPCに差してみると普通に使えるからキーボードが突然壊れたわけではなさそう。

 幸いノートPCのキーボードは生きていたので、「スタートメニュー > 電源 > シャットダウン」をShiftキーを押しながら実行し、「完全なシャットダウン」を行ったところ無事使えるようになりました。

 Windows10は高速起動をするために、通常のシャットダウンでも一部のデータを保持していたり、デバイスに通電していたりするようです。デバイス周りなんかがその対象になっているので、USBキーボードの情報を完全に初期化したい場合などは普通の再起動/シャットダウンでは駄目でした。

 それらを無効にするシャットダウンを行うことで、たぶん認識がおかしくなっていた情報を消すことが出来たのだと思います。

 今回はノートPC側のShiftキーが生きていたのでそれを使用しましたが、それも使えない場合は「設定 > 更新とセキュリティ > 回復 > PCの起動をカスタマイズ」にある「今すぐ再起動」を押し、青い画面になったら「PCの電撃を切る」を実行すると同じように完全なシャットダウンを行うことができます。

 キーボードに限らず、接続している外部ドライバの挙動がなんかおかしいみたいなことがあったら「完全なシャットダウン」を試してみると良いかもしれません。

スポンサーリンク
GoogleAdSence レクタングル(大)