あけましておめでとうございます2020

シェアする

ヨメレバCSS

 あけましておめでとうございます!

 今年も弊ブログをよろしくお願いいたします。こっちは割と更新してた! (プログラミングサイトのほうだけど)

 本サイトが7記事、プログラミング別館が43記事の合わせて50記事ってところですね。

 OculusQuestも出たことだし、もっといろいろできたのではと思うところももちろんあるんですが忙しいとは心を亡くすと書くことを実感してます。MPがない。

やりたくないことをやらないためには、やりたいことをやるしかない

 それを言ってても仕方ないんですが、最近読んだ元マイクロソフトのプログラマーの肩が書いた本で「やりたくないことをやらないためには、やりたいことをやるしかない」みたいなことが書いてあってものすごく膝をポンと打ったので今年はこれを目指したいと思ってます。

 本当に、やりたくないことが仕事としてどんどん増えているから辟易していたけどやめるわけにはいかないって思ってたところ、Prime特典でたまたま読んでみてむしろなぜ気づかなかったのかってくらいの慧眼。保守・運用・管理・ベンダーコントロール・マネジメントがやりたくないのなら保守・運用・管理・ベンダーコントロール・マネジメント以外で食い扶持を稼げばいい。例えば俺が超UnityエンジニアだったらUnityの仕事ができるしブログで月100万とか稼げてたら他のことしなくていいわけです。すごく単純な話ですよね(簡単にできるとは言ってない)。

 故・岩田聡氏の「仕事というのは『得意なこと』をやった方がいい」「自分の労力の割に周りの人がすごくありがたがってくれたり、喜んでくれたりすることが得意なことだ」って言葉も納得できるし好きですが。結局、「やりたくないこと」のスキルと経験を伸ばしても「やりたくない仕事」しか降ってこないんでつらいだけってのがわかったことでもある。

 俺は運用じゃなくて開発がしたい。だから2020年はサーバーエンジニアからの脱却を目指していきたいです。その足がかりくらいは作りたい。

 サーバー技術は嫌いじゃないですがどうしても保守とか運用とかボランティア監視とか緊急障害一次対応とかみなし残業で実質無給休日対応とかそういうのがつきまとうので本当にやめたい。帰りが遅くなるのも仕方ないとか。基本的に差し込み仕事だからエンジニアの作業工数が計算されてなさすぎるし他の都合に振り回されることが多すぎてうんざりする。そういうのほんとに苦手なのでやめたい。残業の話をするとなんかやる気があってやってる人もいるとか人それぞれみたいなこと言われたりするんだけど別に俺がやりたいから居残り仕事してたり休日対応してるわけじゃねーからな。世の中にはいい残業と悪い残業があってだな。仕事に夢中になってつい時間忘れてしまうタイプの残業はまだ許容できるけど単にタスクがあふれてたり他部署がスケジューリングをミスってたり障害対応してたりして居残りになってるだけだから。やる気の問題じゃねーから。

 (ただ誤解ないように言っておくと、私がこういうなんかずっと気にしてるタイプの仕事が苦手なだけであり、仕事そのものの良し悪しの話ではないと思ってます。適性があるひとがやればいいし、やる人がいないなら消えればいい。あと残業に対する圧力は働き方改革とかで随分ましになりましたね。これについて政府はいい仕事したのかもしれない)

 幸いにしてサーバーサイドも(技術的な意味で)どんどん手間がかからなくなっていってるし、そのうちAWSのマネージドサービスだけで全部まかなえるようになってしまってくれないかなとか思ってるからその面でもコンバージョンのしどきなのかもって思ってます。

 それはそれとしてクライアントサイドはどんどん表現力が増していっていて、一般販売されてるハードでも進歩が著しく面白そうだと思ってます。思ってますがもう、自分の持ってる知識が一昔前のものになってしまってるからつらい。今時のハードとOSでなにかひとつ、アプリを作るくらいにはなりたいですね。

 「やりたくないことをやらないためには、やりたいことをやるしかない」って話に戻ると、結局どっちに向かって進むかって話でしかないのかもしれないと思います。今の延長線上でよければそのままの流れでよいけど、それが嫌なら別のほうへ。

 ちょっとグチっぽくなってしまいましたが、去年の反省と今年の抱負ってところで。

 みなさまにとってもよい一年でありますよう。

スポンサーリンク
レクタングル (大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル (大)