XCodeのArchiveからVerifyとかUploadとかするときにXCなんとかみたいなProvisioning Profileが選択されてしまうときの回避方法

ヨメレバCSS

だいぶうろ覚えで書いてます。

XCodeでArchiveしてVerifyとかUploadとかAdHoc作るためにExportしたりとかするときに普通、Provisioning ProfileはMember Centerで作成したものを使用するのですが、なぜか勝手に作られた? XCなんとかみたいなやつが選択されてしまうことがあります。

このままやってもできなくはないみたいなんだけどTestFlightの配信で失敗したりする。XCなんとかのせいかどうかは知らないけど。

かといってプロジェクトの設定からProvisioning Profileを設定するとエラーになったりしてよくわからない。

これを回避するための方法なのですが、おまじないレベルの話しかないので個々人の環境によるとは思います。

まずArchiveなどで選択されているProvisioning Profileが出てきたら、右の矢印をクリックするとそのProvisioning ProfileのあるフォルダがFinderで開きます。

そこにあるファイルを全削除。

で、XCodeに戻って設定からアカウントを開いて、Provisioning Profileを全てダウンロード。

そしてまたVerifyなどをやってみると、Member Centerで作成したProvisioning Profileが選択されていました。

一度この作業をすると、次回からはちゃんとMember Centerで作成した方を選んでくれるのですが何かの拍子でまたXCなんとかのほうに戻ったりするからなんていうか厄介。

スポンサーリンク
GoogleAdSence レクタングル(大)