AndroidStudioとadbコマンドをインストールする

シェアする

ヨメレバCSS

 adbコマンドをインストールする方法です。

 OculusGoとは直接関係の無いことですが、割とよく使うのでタグを振ってあります。

スポンサーリンク
GoogleAdSence レクタングル(大)

Android Studioからインストールする

 adb (Android Debug Bridge)はAndroidの開発ツールです。Oculus Goにも使用することができます。

 こちらは紆余曲折あって、Android開発用IDEであるAndroid Studioと一緒に配布されています。Androdi Studioをインストールして一緒に入れた方が簡単なので、その方法を紹介したいと思います。ついでに開発環境も作成できますし。

Android Studioのインストール

 Android Studioのサイトからダウンロードしてインストールします。

Android Studio のインストール

 インストーラーを実行して、ぽちぽち進めるだけでOKです。

 Android SDKも入ります。

 全部デフォルトで行きました。

adbにパスを通す

 インストールした時点で、デフォルトでは「C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\Android\Sdk\platform-tools」にadbがインストールされているようです。

 こちらのパスは「File > Settings > Appearance & Behaviour > System Settings > Android SDK」「Android SDK Location」で確認できます。

 ただインストールしただけだと、コマンドプロンプトなどからadbだけで実行できないかもしれませんので、環境変数にこのパスを登録しておきます。

  1.  エクスプローラーの「PC」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  2.  「システムの詳細設定 > 環境変数」を開きます。
  3.  「ユーザー環境変数」にある「Path」をダブルクリックすると編集できるので、そこに「%USERPROFILE%\AppData\Local\Android\Sdk\platform-tools」を追加します。

Android SDK Locationに書いてあったものそのままでもいいですが、%USERPROFILE%で動的に取得できるのでそちらにしておきます。

以前にインストールした情報が残っている場合

 以前にAndroidStudioやAndroid SDKをインストールしたときの情報が残っていると、うまくいかない場合があるかもしれません。

後から追加でインストールする

 AndroidStudioの「File > Settings > System Settings > Android SDK」より、パッケージのインストールを行うことが出来ます。

 「SDK Tools」タブにある「Android SDK Platform-Tools」にチェックを入れて、「OK」を押して下さい。

Android関連の情報を削除する場合

 Android関連の設定は「C:\Users\(ユーザー名)\.android」に、Android Studioの設定は「C:\Users\(ユーザー名)\.AndroidStudio3.1」のようなディレクトリにあります。

 Android Studioをアンインストール後にこれらのディレクトリを削除またはリネームしてみると一からやり直すことができます。

 どうしても上手くいかない場合に試してみると、解決するかもしれません。

 ※ただし.androidはdebug用のkeystoreなど、Android開発に重要な情報が入っています。削除よりリネームするなどの方法をお勧めします。

コマンドラインのツールからインストールする

 Android Studioは必要ない場合は、コマンドラインのツールのみインストールすることもできます。

 ダウンロードページの下の方にある「Command line tools only」より、zipファイルをダウンロードして適当な場所に展開します。

 その中にsdkmanagerがあるので、それを実行します。

.\tools\bin\sdkmanager.bat platform-tools

カレントディレクトリにplatform-toolsが作成され、その中にadbがあります。