ssh で Permission denied (publickey)になる場合の対処法

シェアする

ヨメレバCSS

sshで鍵ファイルを使用したリモートログインを設定するときに、

となってログインできない場合があります。

だいたいはログイン先のauthorized_keysなどのパーミッションを見直すところなのですが、どこを見ても設定は間違っていないはず。というときに、SELinuxに引っかかっていたパターンがありました。

見分け方としてはカンタンで、rootでログインして

として「Enforcing」と表示されたらSELinuxが有効になっています。

これを

としてやると無効になるので、この状態でsshが通ればビンゴ。

SELinuxで引っかかっている場合は、/var/log/audit/audit.logにもメッセージがあるので、そちらにログが出ていないかを確認すると良いです。

私の場合は、 authorized_keysをコピーしてもってきているところがあり、どうやらそれが引っかかったみたい。

としてやって対処しました。

SELinuxで引っかかると、「一見してどこも間違っていないはずなのに動かない」という状態になるから、とても厄介なんですよね…

やはりオフにするべきなのか…

スポンサーリンク
GoogleAdSence レクタングル(大)