これまでの職歴なんかをまとめてみた (1)

シェアする

ヨメレバCSS

 割といろんなことをやってきたようなやってきてないようなかげろです。

 派遣会社とかフリーランス登録とかで職歴をまとめることになっていろいろ掘り返して整理していましたところ、いろいろ懐かしくなった&今後どこかにまとめておくところを作りたくなった、のでついでに記事にしてしまおうと思いましてまとめてみました。いわゆる自分語りの類です。

スポンサーリンク
GoogleAdSence レクタングル(大)

ざっくりとした経歴

 2017年現在、直近で辞めた会社に9年程度、その前は派遣で3年程度、小さい会社に2年程度です。ずっとプログラマです。サーバー管理者のようなこともやっていたときもありました。開発していたプログラムがサーバー方面であることが多かったので、そのまま運用に突入した場合にサーバー管理者のまねごとを継続する格好。

 ひとつところに10年保たない感じですね。前の部署がなんだかんだで最長。社内で移動してからは1年半ってところか。異動したときのエントリはたまたま別のブログで書いてあった。何も変わってなかった。開発する題材として珍しいところがあったのはよかったかも。

ベンチャー企業 (正社員)

 最初に勤めた会社。Webサービス、アプリケーションの受諾とかでした。学校の先輩が起業したところに縁故で入れて貰ったやつです。固定給(残業代なし)、有給なし、賞与なし、昇給なしとなかなかアツい環境でした。このへんは時代でもあるな。15年くらい前だし。一方で私も学生時代の延長みたいな感じで昼に起きて漫画読んで夜から仕事するみたいな真似してた気がするんでおあいこですね。ある意味、一番自由ではあった。住んでた部屋と同じ建物に職場があったんでプライベートとごっちゃになってましたし自室は自分専用仮眠室みたいな扱いでした。

 やっていたことはFreeBSD、Linux、Perl、PHP、PotgreSQLなんかを使っての業務システム構築です。請負で。Oracle Developerは珍しく、Oracle用のIDEでPL/SQLとか書いてました。

 「ベンチャー」と言えば聞こえはいいけど、結局いろいろな下請けでした。抱えるシステムは多くなるにつれ休日対応も増え、それらが心配でどこにも行けないみたいな状態になって無理になってギブ。自分がうまくやれていたかって言われるとそうでもないですが。また私が請負は絶対にやらないと心に決めているのはこのあたりの経験からです。派遣や準委任契約とかだったらまだ良いですね。

社内データ管理システム

 WindowsNT、Oracle Developer、PL/SQLとがっつりOracle。この頃だと8iとかだったかな…相手先が結構遠かったのは覚えてる。正式に入社する前の案件ですね。Oracle DeveloperはOracleのIDEだったんですが情報もなくよく分からなすぎた。もともと先方が作ってくれてた部分があったからそれを見よう見まねしてた気がします。Oracle Developerは後にも先にもこれっきりです。

品物受付・発想支援システム

 FreeBSD、PHP、MySQLで作成したWebベースの注文管理システム。PostScriptで書類作って印刷したりもしました。その際にプリンタにネットワーク対応が必要だったから「(NICのついているプリンタって意味で)例えばこんな感じのプリンタで、PSが処理できるものを」って指定したらそのプリンタ(PSが処理できない)が来てしまったことがあって例示したらそれが発注されることを学びました。そらそうですね。俺が悪かった。

 その後1年くらい、サポートをべったり続けていました。割と通ってた気もする。客先サーバールームで作業してたらいつのまにかみんな帰ってて、玄関も鍵が掛かっててどうしたものかと思ってたら警備員さんが来てくれたのもこの頃です。今だったらやばいかもしれないけどこれもまた時代ですね。

 このシステムは結構時代を先取りしていた気もするのですが、人力頼みなところも大きくてつらかったところもありました。

新入社員適性検査ツール

 新入社員の適性検査を行うツールで、サーバ側でデータを集計するところなどを担当。WindowsXP、Apache、PHP、MySQLで組みました。そうXPにApacheとPHPとMySQLを入れてたんですよね確か。本番環境は流石にWindowsサーバーだったと思うのですがどうだったのか…

 クライアントツールは別のところがブラウザ(Active-X)で動くやつをVBかC#かで作ってくれてて、そこから送られてくるデータをDBに入れていました。Active-XなのでIE限定です。

資材在庫管理システム 

 RedHat Linux、Apache、PHP、MySQLで作りました。受注データからの出庫量計算と在庫数管理のシステム。フロントのHTMLやJavaScriptとかも書いてた気がする。なんかブラウザから入力するのにVBとかエクセルみたいにしてくれとか言われて十字キーでセル移動できるようなもの作ったり。このあたりの経験から業務アプリは大人しくVBで作れって思ってますけどブラウザベースのWebアプリはやっぱりいろいろ便利ではありますね。JavaScriptには関わりたくないですが…

 また当時のHTMLとかJavaScriptですから、スキル的に今時のモダンなやつができるかと言われるとNoです。HTML5とか言われる前だったと思うので、そっちのほうも続けていれば今また役に立ったかもしれません。

日雇いのバイト

 当時流行ってましたね日雇い派遣。なんかプログラムとは違うことを、労働と成果が単純に比例することをやってみたくて登録。引っ越しとか軽作業とかそういうのですね。やたら引っ越し作業勧められたが体力的に無理でした。

 時給も1000円くらいで、そこから交通費を自腹なので場所によってはさらに割が悪かったり、時間も仕事内容も不定期で暮らしていける収入にもならなくてこらあかんわって感じになりました。

 仕事自体はいろいろあって割と面白かった。荷物運びの時に胸に付けるように持つとか滑り止め手袋の重要さとかはここで知った。軽作業で入ったデータ打ち込みの仕事では明らかにトラブったDBの復旧で、向こうの方にいるSEっぽい方々を応援してました(他人事。あとこの頃はパチンコやってなかったんだけどパチ屋の店員もやりましたね。ホールスタッフだと時給高めなイメージあるけど他と変わらなかった。完全に中抜きしてたんだろうなって今なら察せられる。玉を流したり運んだりするだけのお仕事だったんで釘調整とか設定とかには全然触れられなかったのは今思うと残念です。

 ある意味リフレッシュ期間みたいな感じですね…この後、どうせならプログラマで派遣していろいろ回ってみたほうが楽しいんじゃないかって思って派遣社員をやってみます。

派遣社員

 そろそろプログラマっぽいこともやりたくなって派遣会社に行ってみた。最初はいろいろなところを見て回りたいと思っていたんですが、結局は一つのところに3年以上お世話になる格好。基本的に仕事とプログラムの話してればよかったので楽しかったです。

 まれに開発の他にもメンテとか手伝ったりしてミラーリングしてたHDDが順番に壊れるという最悪の経験もしました。同じ時期に買ったHDDは同じ時期に壊れる。そしてミラーリング中に壊れる(たぶんコピー元のHDDにも全走査が入るから)。ddで無理矢理データ吸い出して再構築とかしました…

 世間では派遣、非正規が叩かれる傾向ありますけど個人的には下手に正社員やるより良いですね…専門職ってのは勿論あると思いますが。時給商売でフルに残業代つくからみなし残業とかサビ残とかもないし、間に派遣会社が入ってるから取りっぱぐれもない。ただし肝心の時給は上げてと言わないと上がらない。まあそりゃそうですけど。勝手に上がるもんだと思っていたのはこっちのミスです。3年くらい変更無かった。

 最近(2018)になってまたこのあたりの話を聞く機会があったのですが名古屋は全然お値段変わってなくて、むしろ下がってるようでつらいです。

記事配信システム改修

 ブラウザから記事を配信しているシステムの改修。FreeBSDとPerlで作られていました。ここも割といろんな環境が混ざってた感じ。

記事編集アプリケーションの改修

 WindowsXP、Oracle8、C#。このアプリは割とちょくちょく出てくる。C#もここで初めて使いました。TestUnitも。UnitTestの偉大さはここで知った。なんか2万行を超えるクラスとかがあって一生懸命分割したりとかしてました。

記事データ管理システムの改修

 AIX、Oracle8、Perl、PL/SQL。AIXですよ。LinuxとFreeBSD以外のUNIX系OSがここに。古いものであったからコマンドとかも(当時から見たら)中途半端にしか動かない感じで戸惑ったりしてたけれど、基本的にコンソール操作なんでそう変わらないといえば変わらない感じでした。

記事データ管理システムの改修

 RedHat Linux、Oracle9i、Unix C、Perl、PL/SQL。Oracleが9iになった。古いシステムの移行でした。PL/SQLとかもう覚えてないですね…

画像合成システムの改修

 FreeBSD、PostgreSQL、Java、Ruby。画像データを合成するシステムの改修です。合成指示の組み合わせ処理の改修をやってました。

 組み合わせが割と厄介で、自動判別不可能なパターンとかもあった気がします。なんでパターンは全部資料にまとめてやっていきました。おかげでそういうのが出てきたときに、それを見せれば話が済んだ。事前の洗い出しと確認の大切さがよくわかります。

 今流行のRubyですが私の経験としてはこのときくらいです。なのでRuby経験あるんですがもう覚えてないから戦力にはならない。

監視システムの改修

 RedHat Linux、Unix C、Perl。社内のいろいろなシステムから配信されてくるログを収集、検索、表示するシステムの改修。

 ログはUDPで送信されてきていたのですがたまになぜか受け取れてないことがあって、結局「受信したことを送信元に通知する→通知がこなかったらログを再送する」って処理を入れることに。確実性が必要ならTCPにするべきなんですがなぜUDPのまま行ったのかはもうよく覚えてない。

記事配信システム

 RedHat Linux、Oracle10g、Java、PHP。Oracleが10gになったよ。Javaのプログラムを書いていたようですが記憶が曖昧。どんなシステムだったかな…

 Oracle MasterのSilver 10gをがんばって取得してたのもこの頃ですが、結局この後Oracleに関わることはなくなってしまった。


 思った以上に長くなってしまったので、切りの良いところで区切ることにします。この後就職した会社に9年超お世話になることになります。就職も紹介予定派遣ってやつで派遣会社経由でした。当時はお世話になりました。

 当時正社員になったのはもっと上流の、仕様やスケジュールを切るところから関わりたいって感じの意識だったと思います。結果としては別に正社員になったから発言権ができるわけではなく、むしろ責任範囲がごちゃごちゃの実質責任者()みたいなのばかり。結局は派遣やフリーランスみたいにはっきりと線が引けてるほうが性に合ってるんかなと思いました。

続き:

 続きです。派遣会社などに提出する職歴だとこういう細かくて厄介な話は全部オミットしてるから、書いてくと筆がノってしまってやばい。 ざっくり...

(2018/10/25)

 勢いでいろいろ細かく書いていたのでいろいろ整理してみました。

スポンサーリンク
GoogleAdSence レクタングル(大)

コメント

  1. […]  それから私個人の経験(サンプル数=1)であって完全な主観であり感想ですので、その点もご注意下さい。(私の職歴なんかについてはご興味あればこちらをご覧下さい) […]