[Oculus Go] スクリーンショットを取る

シェアする

ヨメレバCSS

  スクリーンショットの取り方メモです。

スポンサーリンク
GoogleAdSence レクタングル(大)

メニューから撮影する

 画面の下に出ているメニューの「シェア > 写真を撮る」をクリックすると、視界の右上あたりで赤い点が点滅し、しばらくするとシャッターが切られます。

 こちらは1024×1024の画像になるようです。

 ファイルはその横の「写真をシェア」でFacebookにアップロードすることができます。

 またはOculus GoをPCにUSBで接続して、「PC\VR-Headset\内部共有ストレージ\oculus\Screenshots」を開くとjpgとして保存されています。

 通常Androidのスクリーンショットが保存されている、Picturesの下ではないみたいです。

音量マイナス+電源ボタンで撮る

 Android通常操作ですね。

 2560×1440、画面が歪んだ状態で撮影されます。

 描画されているスクリーンがそのまま画像に落とし込まれる感じです。

 (この画像をOculus Goのレンズを通して左右の視界から見ることによって、普通の絵として認識できています)

 こちらの画像は「PC\VR-Headset\内部共有ストレージ\Pictures\Screenshots」と、いつものAndroidのところにあります。

 このスクリーンショット撮影時に注意が少し必要で、通常のAndroidであればスクリーンショットを撮影したとき何らかのシャッター演出があるのですがGoは何もありませんでした。

 そして、そのまま音量マイナス+電源ボタンを押し続けていたところリカバリーモードに突入してしまいました。(開発者モードだったからかもしれません。これはこれで興味深い)

 もしこうなってしまったら、一番上の「Exit and boot the device」を選択すれば端末が再起動しますのでいつもの画面に戻れます。音量ボタンで青いカーソルが上下するので、これに合わせて電源ボタンを押して下さい。

参考:

VRヘッドセット「Oculus Go」でスクリーンショットを撮影・録画する

Android Device Monitorから撮る

 こちらは開発ツールになります。でも実機で撮るより楽かもしれない。

 ただ前準備として次の状態にしておく必要があります。

  • 開発者モードになっていること
  • adb接続ができるようになっていること
  • AndroidStudioなど開発ツールをインストールしてAndroid Device Monitor (DDMS)が起動できること

 さてAndroid Studioのほうから「Tools > Android Android Device Monitor」でAndroid Device Monitorを起動すると、「oculus-pacific」と書かれた端末が認識されています。アジアなど太平洋向けリリースってことでしょうか? なんか出荷先の地域で別れてるのかなOSのビルドが。

 端末を選択して、メニューのカメラアイコンを押すとスクリーンショットが撮れます。

 こちらもOSの機能なので、見えているほうではなく素の画像が撮れてきます。

 「Save」ボタンで保存もできます。

 Oculus Goの解像度が大きくてプレビューでは見切れていますが、画像として保存するとちゃんと全部映っています。

 adbのリモート接続と組み合わせるとだいぶ便利ですね。

スポンサーリンク
GoogleAdSence レクタングル(大)

コメント

  1. […] [Oculus Go] スクリーンショットを取る  スクリーンショットの取り方メモです。メニューから撮影する 画面の下に出ているメニューの「シェア > 写真を撮る」をクリックすると、視界の右上あたりで赤い点が点滅し、しばらくするとシャッターが切られます。 こちらは1024x1024www.scriptlife.jp […]